コンテンツにスキップする

米国株の売り、終わりに近い可能性-ゴールドマンとドイツ銀

  • S&P500種の売り、ペースは速いが「典型」に一致-ゴールドマン
  • 米大統領選というマクロイベントに投資家は対処する必要-ドイツ銀

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ゴールドマン・サックス・グループドイツ銀行は、過去のパターンの通りであれば米国株の下落は終わりが近い可能性があるとみている。

  ゴールドマンのデービッド・コスティン氏率いるチームは11日のリポートで、S&P500種株価指数の今回の売りは、ペースはより速いものの金融危機以降の「典型」に一致していると指摘。ドイツ銀のスリニール・ジャラガニ氏らストラテジストは、相場軟調の根底にあるオプションのポジション形成は正常に戻ったの見方を同日示した。

  ゴールドマンは「この1週間の急激な売りにもかかわらず、今後数カ月の米国株式市場の動向については楽観的だ」とし、「金融危機以降、S&P500指数が5%以上下げる時の期間は20営業日で、ピークから谷までの下落率は7%となるのが典型的であり、直近の下落はスピードはそうでないにせよ、度合いは一致している」と分析した。

  歴史的高水準にあるバリュエーションの修正とオプション市場のボラティリティーが、S&P500種を2日に記録した終値べースの過去最高値から約7%下落させた。同指数はただ、3月の安値からは引き続き50%近く高い水準にある。

U.S. put/call ratio has recovered from historically extreme level

  オプション市場の影響に注目するドイツ銀のチームは、コールに対するプットの数に着目するメトリクスが過去10年のレンジの底に低下し、ポジティブな地合いの極端な水準を示していたが、すでに「平均前後」の水準に回復したと指摘。「歴史的にプット・コール比率の調整は急激になる傾向があるが、市場への影響は短期的だ」とコメントした。  

  ゴールドマンとドイツ銀のチームはいずれも、米大統領選挙を今後の相場波乱要因だと認識している。「投資家はこれから、米大統領選挙というマクロイベントに対処しなければならない」とドイツ銀は警告した。

原題:Goldman, Deutsche Say U.S. Stock Selloff May Be Close to an End(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE