コンテンツにスキップする

マイクロソフトの提案をバイトダンスが拒否-TikTok米事業買収

更新日時
  • マイクロソフト・ウォルマート連合の買収提案は有力視されていた
  • マイクロソフトには最初の提案の修正が求められなかった-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

マイクロソフトは13日、短編動画投稿サイト「TikTok(ティックトック)」の米事業買収提案について、同アプリを運営する中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)から拒否されたことを明らかにした。

  マイクロソフトは発表文で「バイトダンスは本日、ティックトックの米事業をマイクロソフトに売却しない意向であると知らせてきた」と説明。「われわれの提案が国家安全保障上のリスクを守りつつ、ティックトック利用者にとって良い内容であったであろうことに自信を持っている」と述べた。

  同社がウォルマートと共同で行っていた買収提案は当初、複数の買収提案の中で有力視されていた。ただ、事情に詳しい関係者1人はよると、協議は冷え込んでいた。中国政府当局者から反対の意向が示唆される中、マイクロソフトには最初の提案の修正を求められなかったという。これにより、交渉でオラクルが優位に立った。

  マイクロソフトは発表文で、米国家安全保障上の懸念への対処を目的とした変更を加える用意があったと説明。「当社はサービスがセキュリティーやプライバシー、オンライン安全性、偽情報対策での最高水準を間違いなく満たすために大幅な変更を行ったであろうし、8月の発表でこれらの原則を明確にした。こうした重要な分野でサービスがどう進化するか楽しみにしている」と述べた。

原題:
Microsoft Says ByteDance Rejected Its Bid for TikTok in the U.S.(抜粋)

(2段落目以降を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE