コンテンツにスキップする

トランプ氏、薬価引き下げに向けた大統領令に署名

  • 「給付モデル」試すための規則策定プロセスの開始を厚生省に指示
  • 米国より低い他国の医薬品価格と連動させる狙い-詳細不明

トランプ米政権は、米国内の医薬品価格を国民健康保険制度がある他国の価格と連動させるプロセスに着手した。薬剤コストの一部を押し下げることが狙いだが、医薬品メーカーは技術革新の阻害につながると主張している。

  ネバダ州を訪問中のトランプ大統領が13日、「最恵国」計画と題する大統領令に署名したとツイートした。メディケア(高齢者・障害者向け医療保険)のパートB(補充的医療保険)とパートD(処方薬給付)の薬剤価格を、米国より低い他国の価格と結び付けようとするものになる。当初はパートBのみを対象とする計画だった。

  今回の大統領令は、一部の医薬品について「給付モデル」を試すための規則策定プロセスを始めるよう厚生省に指示するもの。詳細は不明。

原題:Trump Signs Order to Test Contentious Drug Price Strategy (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE