コンテンツにスキップする

バイデン氏は経済再生プランに重点置く必要-サンダース上院議員

  • 勤労者世帯の生活改善目指す取り組み論じる必要-MSNBCに語る
  • バイデン氏が中道派アプローチで選挙戦続ければ敗北すると懸念

11月の米大統領選で民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が国民の票を獲得し現職のドナルド・トランプ氏に勝利するには、最低賃金引き上げを含む米経済再生プランについてもっと論じる必要がある。バーニー・サンダース上院議員(バーモント州)がこうコメントした。

  サンダース氏は13日にMSNBCのインタビューで、「ジョーは経済に関してかなり強い立場を取っている。われわれはこれまで以上にその点を議論すべきだと思う」と指摘。「ジョーは勤労者世帯の生活改善に向けた取り組みについて話す必要がある」と付け加えた。

  バイデン氏が以前の民主党候補に比べてヒスパニック系有権者からの支持が振るわないことを示す一部調査結果を受け、サンダース氏は「ラテン系の草の根組織により積極的に」訴えることも提案した。

  米紙ワシントン・ポストが前日に報じたところによれば、サンダース氏はバイデン陣営が民主党左派を十分に重視していないと個人的に懸念している。サンダース氏は、バイデン氏が中道派のアプローチで選挙戦を継続すれば負けると心配しており、民主党がアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員(ニューヨーク州)のように人気のあるリベラル派ともっと選挙戦を展開することを望んでいるという。

原題:
Bernie Sanders Calls on Biden to Focus on Economic Positions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE