コンテンツにスキップする

ブルームバーグ氏、フロリダ州で1億ドル支出へ-バイデン氏支援

  • トランプ大統領打倒に不可欠なフロリダ州での投票率向上目指す
  • バイデン氏はフロリダ州でトランプ氏に僅差でリード

マイケル・ブルームバーグ氏は13日、11月の大統領選挙で極めて重要な州であるフロリダ州で民主党のバイデン前副大統領が現職のドナルド・トランプ氏を打倒するのを支援するため1億ドル(約106億円)を投じると表明した。これにより民主党はペンシルベニアなど勝たねばならない州に資金を回すことが可能になる。


  ブルームバーグ氏の広報担当者によると、この資金は投票率向上に費やされる見通しで、ヒスパニック系有権者との対話がその戦略の重要部分になるという。

  民主党候補指名争いから3月に撤退しバイデン氏を支持しているブルームバーグ氏は、ブルームバーグ・ニュースの親会社であるブルームバーグ・エル・ピーの創業者で、過半数株式を所有する。

  10日公表されたクック・ポリティカル・リポートでは、フロリダ州は「民主党寄り」から「互角」の州に変更された。リアルクリアポリティクスの最近の調査の平均によれば、バイデン氏はフロリダ州での支持率でトランプ氏に対し1.2ポイントのリードにとどまっている。

原題:
Michael Bloomberg to Spend $100 Million in Florida to Aid Biden(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE