コンテンツにスキップする

ラガルドECB総裁、ユーロ高に言及-インフレの押し上げ効果損なう

GERMANY-HEALTH-VIRUS-EURO
Photographer: YANN SCHREIBER/AFP
GERMANY-HEALTH-VIRUS-EURO
Photographer: YANN SCHREIBER/AFP

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は13日、最近のユーロ相場上昇で金融政策のインフレ押し上げ効果が一部相殺されたと指摘。必要とあれば政策手段の全てを調整する用意がECBにはあるとあらためて表明した。

  政策委員会では中期的インフレ見通しに与える影響に関して、為替レートの動向を含め、ユーロ圏経済に関するあらゆる情報を慎重に判断していくとラガルド総裁は述べた。

ECBレーン理事「最近のユーロ上昇、インフレ見通しを弱める」

  ラガルド総裁は「物価安定の目標達成において、今も将来も油断は許されない」とアラブ諸国の中銀総裁や金融当局者との会合で発言。「ユーロ圏の金融政策は今後も、その責務への完全なコミットメントを果たしながら役割を担っていく」と表明した。

Single currency is near a two-year high

出所:ブルームバーグ

原題:Lagarde Says Euro Gains Have Blunted Stimulus Boost to Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE