コンテンツにスキップする

アストラゼネカ、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を英で再開

  • 参加者の1人に疾患が生じたため、試験が一時停止になっていた
  • 英国以外での臨床試験については明らかにしていない

英製薬会社アストラゼネカオックスフォード大学は、両者が協力して開発している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、英国での臨床試験を再開した。参加者1人に疾患が生じたことから、臨床試験は一時的に停止されていた。

  オックスフォード大学の声明によると、英医薬品庁(MHRA)が今月6日の試験停止のきっかけとなったデータに関する独立した調査を受けて、試験の再開を勧告した。参加者に生じた疾患の詳細には言及しなかった。

  ワクチン開発において一時的な治験の停止は珍しくないが、世界で最も開発が進んでいる同社のコロナワクチンは注目度が高く、実現可能性への懸念が生じていた。

  アストラゼネカとオックスフォード大のワクチンは米国、ブラジル、南アフリカ共和国、インドでも行われていたが、声明は英国以外の臨床試験の状況については明らかにしていない。

  アストラゼネカの広報担当者はコメントを控えた。

アストラゼネカ、新型コロナワクチンの年内提供を依然目指す-CEO

原題:
Oxford and AstraZeneca Resume U.K. Trial of Covid Vaccine (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE