コンテンツにスキップする

エヌビディア、ソフトバンクG傘下アーム買収で合意に近づく-関係者

  • 14日からの週にも合意が発表される可能性があると関係者
  • まだ合意には至っておらず、なお頓挫する可能性も残されている

コンピューターグラフィックス(CG)用半導体メーカーの米エヌビディアは、ソフトバンクグループから半導体設計の英アームを買収することで合意に近づいている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議の詳細は非公開だとして匿名を条件に語った同関係者によると、合意は14日からの週にも発表される。関係者の2人によれば、両社の交渉でアームの企業価値は約400億ドル(約4兆2500億円)と評価され、現金と株式による買収になる。

  ただ、これら関係者は、合意にはまだ至っておらず、依然として協議が頓挫する可能性があると語った。ブルームバーグ・ニュースは7月31日、エヌビディアがアーム買収に向けて交渉が進展した段階にあり、ソフトバンクGと具体的な話し合いを行っているのはエヌビディア1社だけだと報じていた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は12日、アーム買収は400億ドルを超える規模になり、来週にも決定する可能性があると伝えた。

エヌビディア、ソフトバンクGのアーム買収交渉で進んだ段階-関係者

  エヌビディア、ソフトバンクGの担当者はいずれもコメントを控えた。

  合意が成立すれば、半導体業界で過去最大の案件となる見込みだ。同業界では近年、多様化と規模の拡大を求めて統合の動きが見られている。

原題:
Nvidia Is Said to Near Deal to Buy Chipmaker Arm From SoftBank(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE