コンテンツにスキップする

ECBは為替動向を注意深く監視する-仏中銀総裁

  • 特定の為替レートを目標としない-ビルロワドガロー氏
  • 為替動向はインフレと金融政策にとって重要

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのビルロワドガロー・フランス中銀総裁は為替レートについて、インフレと金融政策にとって重要だとし、ECBは注意深く見守ると述べた。

  ビルロワドガロー総裁はベルリンでの会議で、ECBは「特定の為替レートを目標としない」と語った上で、「為替相場はインフレと金融政策には明らかに重要だ。従って、中期的なインフレ見通しに与える意味合いの観点で、為替レートの動向をわれわれは注意深く見守る」と付け加えた。

  インフレ動向は引き続き抑制されているとし、ECBは「極めて緩和的な金融政策を必要なだけ長期にわたって維持する」と表明。「われわれはあらゆる選択肢を維持しており、適切な場合は一段と行動する準備が整うだろう」と続けた。

原題:
Villeroy: ECB Will Carefully Monitor Exchange-Rate Developments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE