コンテンツにスキップする

ドイツでアフリカ豚熱、日韓が豚肉輸入停止-次は中国との懸念広がる

  • 豚熱が確認された地域からの輸入停止は不可避-中国畜牧獣医学会
  • 中国にとってドイツは3番目に大きな豚肉供給国

豚肉生産で欧州一のドイツでアフリカ豚熱(ASF)が初めて確認され、主要輸出先である中国がドイツからの輸入を停止するかどうか懸念が広がっている。

  ドイツは10日、ブランデンブルク州のポーランド国境付近で見つかったイノシシの死骸からアフリカ豚熱が確認されたと発表。韓国と日本はすでに一時的な輸入停止措置を講じ、台湾はドイツからの旅客荷物検査を開始した。

  中国畜牧獣医学会の馬闖副秘書長はアフリカ豚熱が発見された特定地域あるいは供給業者からの輸入禁止は不可避だと述べた。

Germany Erects Fence Against African Swine Fever

ポーランドからドイツに野生動物が入るのを防ぐ簡易フェンス

  今年1-6月(上期)では、中国にとってドイツは米国とスペインに次ぐ3番目に大きな豚肉供給国。中国は世界最大の豚肉生産国でもある。

原題:Fears Grow China Will Halt German Pork Imports on Swine FeverDeadly Hog Fever Reaches Germany, Europe’s Top Pork Producer (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE