コンテンツにスキップする

菅官房長官、消費税は将来的に引き上げざるをえない

更新日時

自民党総裁選で優位に立つ菅義偉官房長官は10日夜、将来的な消費増税が避けられないとの認識を示した。

  菅氏はテレビ東京の番組に出演し、「消費税は将来的に10%より上げる必要がある」との質問に「〇」と回答。「将来的なことを考えたら行政改革は徹底して行った上で、国民の皆さんにお願いして消費税というのは引き上げざるをえない」と話した。

  消費税について菅氏は5日のテレビ番組でも野党などから出ている減税について問われ、「社会保障の貴重な財源」であるとして「今のままでと思っている」と述べていた。

  消費税率は安倍晋三政権で2014年4月に5%から8%に引き上げ、2回にわたって延期したが食料品などへの軽減税率を導入した上で19年10月に8%から10%に引き上げた。安倍首相は昨年7月の参院選直後、消費税について「消費税率10%までくれば10年間は増税は必要ない」との見解を示していた。

Prime Minister Candidates Attend The Liberal Democratic Party Debate

菅義偉官房長官

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE