コンテンツにスキップする

【新型コロナ】世界感染者2800万人超、シンガポール航空が4300人削減

更新日時
  • 米追加経済対策、選挙前の実施遠のく-共和党案の審議入り阻止で
  • シンガポールと日本が18日からグリーンレーン相互導入

ジョンズ・ホプキンス大学によると、世界の新型コロナウイルス感染者は2800万人を突破、死者は90万8000人を超えた。

  シンガポールと日本は、ビジネス渡航を対象に相互グリーンレーン「ビジネストラック」を18日から開始する。両国政府が11日発表した。主に短期出張の入国者を対象に行動制限を一部緩和する。

  医薬品メーカーが新型コロナワクチンの緊急使用許可(EUA)を米食品医薬品局(FDA)から取得するには、ワクチンの有効性について通常よりも高い基準を満たすことが必要となる。FDAのワクチン担当部門のディレクター、ピーター・マークス氏が明らかにした。なお米国は、空港での海外からの渡航者に対するスクリーン検査を14日に終了する。

米FDA、コロナワクチン緊急使用許可の審査でハードル高めに設定

  西欧の新型コロナ新規感染者が9日に米国を抜いて、再び世界のコロナ感染中心地の1つに浮上した。欧州連合(EU)加盟27カ国と英国、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインの新規感染者は合計2万7233人で、米国の2万6015人を上回った。スペイン、フランスなど欧州大陸の広い地域で数週間前から感染が再拡大している。

欧州、新型コロナの新規感染者数で米国抜く-再び感染中心地に

  米上院民主党は10日、新型コロナで打撃を受けた経済の下支えを目指し共和党が提出した、規模を縮小した追加経済対策法案の審議入りを阻止した。11月の大統領選前に新たな景気刺激策が講じられる可能性は低下した。

米追加経済対策、選挙前の実施遠のく-共和党案の審議入り阻止で

  英製薬会社アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は、同社がオックスフォード大学と開発中の新型コロナウイルス候補の英国での治験は一時停止されたものの、年末までにワクチンの準備が整う可能性があると述べた。

アストラゼネカ、新型コロナワクチンの年内提供を依然目指す-CEO

  シンガポール航空は全従業員の20%に相当する約4300人を削減する。新型コロナ感染拡大が航空業界に大きな打撃を与え、同社もその対応に迫られている。

シンガポール航空、4300人削減へ-シルクエアーとスクートも対象に

  ブラジルでは10日の新型コロナ新規感染件数が4万557件と、前日の3万5816件から増加した。増加率は1%と、過去1週間の平均である0.7%を上回った。

  全米の新型コロナ感染件数は10日午後時点で前日比0.7%増え、638万件となった。増加率は過去1週間の平均である0.6%をわずかに上回った。ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグ・ニュースの集計データで明らかになった。

  米カリフォルニア州の新規感染者は3338人と、14日間の平均である4238人を下回った。ただ同州で発生している山火事が新型コロナの検査に影響している。

  フランスの新規感染者は9843人と、ロックダウン(都市封鎖)を終了した5月半ば以来最多となった。7日移動平均は7680人で、3週間余り上昇を続けている。

原題:Japan, Singapore Open Travel; Cases Top 28 Million: Virus Update(抜粋)

(世界感染者の最新データなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE