コンテンツにスキップする

ドイツ、来年の税収予測196億ユーロ下方修正-新型コロナ対策が影響

  • 21年の税収見通しは7729億ユーロに、今年は前回予想とほぼ同じ
  • 「この危機から逃れることはできない」-ショルツ財務相

ドイツは10日、来年の税収見通しを下方修正した。同国は欧州最大の経済大国だが、新型コロナウイルス感染拡大の打撃からの回復は厳しい道のりであることが示唆された。

  ドイツ財務省の発表によれば、2021年の税収見通しは7729億ユーロ(約97兆5100億円)と、今年5月の前回予測から196億ユーロ引き下げた。今年の税収予測については7177億ユーロと、前回予想からほぼ変わらず。

ショルツ財務相、ドイツは来年も大規模な借り入れが必要に

  ショルツ財務相はベルリンで「この危機から逃れることはできない」と述べ、来年予想されている税収減は景気刺激策に関連していると説明した。その上で「最悪期は過ぎ去ったことを示す兆候は多くある」と続けた。

政府の税収予測前回5月の予測からの変化
2020717.7 billion euros-0.1 billion euros
2021772.9 billion euros-19.6 billion euros
2022810.5 billion euros-5.5 billion euros
2023846.7 billion euros-4.4 billion euros
2024883.2 billion euros0.0 billion euros

原題:Germany Cuts Tax Forecast by 19.6 Billion Euros on Pandemic (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE