コンテンツにスキップする

EU、ジョンソン英首相に離脱合意違反の是正を要求-期限は月末

  • 英国の計画、通商協定締結の取り組み脅かす-法的措置も辞さず
  • バルニエEU首席交渉官、今週の交渉で何も進展ないと発言-関係者

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

欧州連合(EU)離脱合意の一方的な一部変更を計画するジョンソン英首相に対し、EUは法的措置を取る考えを示し、今月末までに計画を取り下げるよう迫った。

  EUは英国の計画が通商協定を締結する取り組みを脅かしているとも警告した。これを受けてポンドは下げを拡大し、ドルに対して一時1.7%安となった。

  EUの行政執行機関である欧州委員会は10日、「離脱合意の条件に反することは国際法違反であり、信頼を損ない、将来の関係を巡って現在進行中の交渉を脅かす」との声明を発表。「離脱合意には、法的義務の違反に対処するメカニズムや法的是正措置が多数盛り込まれており、EUはその行使をちゅうちょしない」と言明。ジョンソン首相が要求に従わなければ、罰金などの措置を求める可能性を示した。

  EU関係者によると、バルニエEU首席交渉官は9日夕にEU諸国の駐英大使らに対し、今週の対英交渉はまったく進展していないと語った。

  国内市場法案については英閣僚が国際法違反だと認めており、政府関係者は議会通過には激しい論争があると予想。与党下院議員の造反や、上院で広く反対が見込まれることから現状のままでの通過は難しいだろうと、関係者2人は述べた。英閣僚らは2週間以内の議会通過を目指している。

原題:EU Gives Johnson Until End of Month to Back Down on Brexit LawEU Demands Johnson Amends Internal Market Bill: Brexit Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE