コンテンツにスキップする

米生産者物価、8月は予想上回る伸び-価格決定力の回復を示唆

更新日時

8月の米生産者物価指数(PPI)は、市場予想を上回る伸びとなった。新型コロナウイルス感染のパンデミック(世界的大流行)に伴うロックダウンからの需要回復により、価格決定力が徐々に戻りつつあることが示唆された。

キーポイント
  • 8月の総合PPIは前月比0.3%上昇
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.2%上昇
    • 前月は0.6%上昇
    • 8月は前年同月比では0.2%低下-低下率は5カ月で最小
  • コアPPI(変動の大きい食品とエネルギー除く)は前月比0.4%上昇
    • 市場予想0.2%上昇
    • 前年同月比では0.6%上昇-市場予想0.3%上昇

  今回のPPI統計は、生産者による原材料コスト上昇分の顧客への転嫁がやや進んでいることを示唆している。

  食品とエネルギー、貿易サービスを除くPPIは前月比0.3%上昇。前年同月比でも0.3%上昇した。最も変動の大きい要素を取り除いていることから、一部のエコノミストはこの指標を重視している。

  8月は財のPPIが前月比0.1%上昇。食品やエネルギーの低下で全体の伸びが抑えられた。食品とエネルギーを除いたベースでは0.3%上昇と、前月と同率の伸びだった。

  サービスのPPIは前月に続き0.5%上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Producer Prices Increased More Than Forecast in August(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE