コンテンツにスキップする

シンガポール航空、4300人削減へ-シルクエアーとスクートも対象に

シンガポール航空は約4300人を削減する。新型コロナウイルス感染拡大が航空業界に大きな打撃を与え、同社もその対応に迫られている。

  シンガポール航空のほか、傘下にあるアジア地域の短・中距離専門シルクエアーと格安航空会社(LCC)スクートも対象。同社の10日遅くの発表によれば、労働組合との協議が進行しており、できるだけ早期に最終的な詳細を決定する。

  国際航空運送協会(IATA)によると、旅客数は2024年までコロナ禍前の水準に回復しないとみられており、国内市場に頼れないシンガポール航空にとっては特に厳しい状況が続く。

  同社は今年3月に採用を凍結したほか、早期退職や自主退職を募り、1900人程度を削減した。これにより、グループ全体での今後の削減数は約2400人程度になるという。

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のアナリスト、ジェームズ・テオ氏(シンガポール在勤)によれば、2019年のグループ全体の従業員数と比べて約15.6%が削減されることになる。

原題:Singapore Air Makes ‘Agonizing Decision’ to Cut 4,300 Jobs (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE