コンテンツにスキップする

LVMHがティファニーを提訴へ、新型コロナ対応の不備主張

更新日時
  • ティファニー買収合意の撤回発表をきっかけに対立がエスカレート
  • LVMHはティファニーの業績に厳しい見方、配当支払いも批判
Tiffany & Co. Luxury Jewellery Stores As LVMH Abandons $16 Billion Deal Over U.S. Tarrifs
Photographer: Cyril Marcilhacy/Bloomberg
Tiffany & Co. Luxury Jewellery Stores As LVMH Abandons $16 Billion Deal Over U.S. Tarrifs
Photographer: Cyril Marcilhacy/Bloomberg

フランスの高級ブランド大手LVMHモエ・ヘネシー ・ルイ・ヴィトンが米宝飾品ティファニーを160億ドル(約1兆7000億円)で買収する合意の撤回に動いたことで、両社の対立がエスカレートしている。

  LVMHは10日、新型コロナウイルスの危機時にティファニーが取った経営上の対応を巡り同社を提訴する方針を示した。前日にはティファニーが買収条件の履行を求めてLVMHを相手取った訴訟を起こしていた。

  LVMHは9日にティファニー買収合意の撤回を発表した際に、仏政府から対米貿易摩擦に関連する理由で買収先送りを要請されたことに言及した。一方、ティファニー側は、新型コロナの流行などを理由にLVMHが買収額を引き下げようとしたとして、デラウェア州で訴訟を提起した。

  こうした指摘をLVMHは10日に否定。同社は今年に入ってからのティファニーの業績に厳しい見方を示すとともに、その見通しに「かなり失望した」と説明。「損失を出していた」時期の配当支払いを特に批判した。

  LVMHは発表資料で「従ってティファニー買収完了の要件は満たされていないことを確認している」とコメントした。

関連記事
ティファニー買収撤回、LVMH会長が政府に協力要請か-関係者
LVMH、ティファニー買収を撤回-米関税などが理由

原題:LVMH to Sue Tiffany, Challenge Its Handling of Covid Crisis (3)(抜粋)

(LVMHの主張や背景などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE