コンテンツにスキップする

マレーシア中銀、政策金利据え置き-景気に回復の兆し

  • 翌日物の政策金利は過去最低の1.75%に維持
  • エコノミスト21人のうち12人が据え置きを予想-残りは利下げ

マレーシア中央銀行は10日、政策金利の据え置きを決めた。新型コロナウイルス対策として講じられたロックダウン(都市封鎖)の解除を受け再開した経済が回復の兆しを示していることから、利下げを見送った。これまでは4回連続での金融緩和を実施していた。

  中銀が発表した声明によれば、翌日物の政策金利は過去最低の1.75%に維持。ブルームバーグが調査したエコノミスト21人のうち12人が据え置きを予想、残りの9人は0.25ポイント利下げを見込んでいた。

  中銀は今年の国内総生産(GDP)が3.5-5.5%縮小すると予想。ブルームバーグのエコノミスト調査では、マイナス4.3%成長と想定されている。

原題:Malaysia Keeps Rates on Hold Amid Signs of Economic Recovery (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE