コンテンツにスキップする

中国のEVメーカー株、テスラ株に連れ安-失速の兆しか

From
  • NIOと小鵬汽車、理想汽車のADRはここ1週間で10%余り下落
  • 3社の評価は完全に将来の可能性に基づいている

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米国に上場した中国の電気自動車(EV)メーカーが株価を大きく上げ、時価総額を膨らませていたが、ここへきて下落に転じている。失速の兆しと見る業界ウオッチャーもいる。

  蔚来汽車(NIO)と小鵬汽車理想汽車の米国預託証券(ADR)は上場来高値を更新後、ここ1週間でそれぞれ10%余り下げた。

  米テスラの株価は8日、大きく下落。テスラ株のS&P500種株価指数への採用が見送られたことが響いた。EV市場の競争が激化する中で、テスラを目指す中国勢への見通しにも疑念が広がった。

EV Maker Xpeng Said To Guide U.S. IPO At Above Marketed Range

小鵬汽車の「P7」(ニューヨーク証券取引所近く、8月27日)

撮影:ジーナ・ムーン/ブルームバーグ

  中国EVメーカーの株高は、EVの魅力をテスラがアピールし、小規模メーカーも恩恵にあずかる余地が広がるとの投資家の期待が背景だった。だが、中国勢は今のところ国内市場にのみ焦点を絞っていても赤字。野心的なグローバル展開に資金を投じても利益を出しているテスラとは対照的だ。

Inside the Shanghai Auto Show

NIOの「ES6」(2019年の上海モーターショー)

撮影:Qilai Shen / Bloomberg

  アンラン・キャピタルのエグゼクティブディレクター、チェン・ダ氏は「バリュエーション(株価評価)はアートだ。バランスシートを見るだけなら、泡のようだ。ただバブルは常にはじけるわけではない。利益が追い付くのを待つ間に成長株が高いバリュエーションを消化し、株価が横ばいで推移することはよくある」と述べた。

  NIOと小鵬汽車、理想汽車はいずれも現時点では1カ月当たり数千台の納車しかなく、3社の評価は完全に将来の可能性に基づいている。

Electric Surge

NIO, Li Auto and Xpeng among China's most valuable carmakers with limited sales

Source: Bloomberg

  

  EV化のトレンドは不可避だが、その変化はゆっくりだ。中国政府はEV産業を育てようと過去10年間に巨額の資金を投じたが、国内販売の95%はまだ化石燃料車。

  消費者のEVに関する懸念は、航続距離と充電施設がまだニーズを満たすには十分信頼に足るものではないというもので、今のところもっともな見方だ。

Gassed

In a market broadsided by the pandemic, global sales of gas-powered cars and trucks may have already peaked.

Source: BloombergNEF

Tesla Hands Over First China-Built Cars to Employees in Shanghai

テスラの「モデル3」(上海ギガファクトリーでの式典、2019年)

撮影:Qilai Shen / Bloomberg

Stretch Target

NIO, one of Tesla's main rivals in terms of sales in China, is still far behind

Source: China Passenger Car Association

原題:
Investors Question Chinese EV Makers’ Tesla-Like Stock Rally(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE