コンテンツにスキップする

米国土安保省、白人至上主義やロシア脅威で情報分析官に圧力か-告発

米国土安全保障省の幹部らが、暴力的白人至上主義者やロシアの選挙介入の脅威について、大きく扱わないよう機関の情報分析官に指示していたと内部告発で指摘された。下院情報特別委員会が9日公表した。

  国土安全保障省の情報部門の元責任者ブライアン・マーフィー氏は内部告発で、ロシアの介入に関する分析の提出をやめるようウルフ国土安全保障長官代行から指示されたことなどを明らかにした。

  声明によれば、シフ下院情報特別委員長は、マーフィー氏に宣誓証言を求める書簡を送ったという。

原題:DHS Accused of Order to Downplay White Supremacy, Russia Threats(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE