コンテンツにスキップする

ローン担保証券に連動する初のETF、NY市場で9日に取引開始

  • AAAは最上級格付けのCLOに連動し、アクティブ運用される
  • 不慣れなリテール投資家は危険を伴う恐れがあるとベテランが警告

ローン担保証券 (CLO)に上場投資信託(ETF)経由で投資する最初の機会が訪れた。

  「AAFファースト・プライオリティーCLOボンドETF」(ティッカーAAA)の取引が、ニューヨーク証券取引所(NYSE)で9日に開始される。オルタナティブ・アクセス・ファンズの共同創業者ピーター・コッパ氏によれば、AAAは最上級格付けのCLOに連動し、アクティブ運用される。ローン連動のETFは多いが、AAAはCLOに特化した最初のETFとして市場に投入される。

  新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦境に陥る企業が相次ぐ状況で、レバレッジドローン債権などをリスクとリターンの異なるトランシュに切り分けて証券化するCLOには、厳しい目が向けられている。

  ETFのゴッドファーザーの異名を取るGTSミシュラーのプリンシパル、レジー・ブラウン氏は先月、CLOに連動するETFについて、CLO市場に不慣れなリテール投資家は危険を伴う可能性があると警告した

ETF「ゴッドファーザー」が警告、CLO連動は個人投資家には危険

  コッパ氏は電話取材に対し、「これら特定の証券は市場のさまざまなセルオフ(大量の売りに伴う急落)を通じてAAA格付けを維持した。良い商品であり、リテール投資家がアクセスできる妥当な商品である証しだとわれわれは考える」と述べた。

Leveraged loans were battered by the pandemic

原題:First ETF Tracking $700 Billion CLO-Market Starts Trading (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE