コンテンツにスキップする

バイデン氏、トランプ氏を強く批判-新型コロナ禍への責任がある

  • トランプ氏は新型コロナの脅威を意図的に過小評価したと語っていた
  • トランプ氏のせいで「多くの国民の命と生活」が犠牲に-バイデン氏

米大統領選の民主党候補バイデン前副大統領は9日、新型コロナウイルスの危険性について十分に警告しなかったトランプ大統領には多くの国民の死に対する責任があると批判した。

  CNNはこれより先、トランプ氏とジャーナリストのボブ・ウッドワード氏との会話を抄録した音声の一部を公開。その中でトランプ氏は、新型コロナの脅威を意図的に過小評価して発言していたと話している。

トランプ氏、新型コロナのリスクを意図的に過小評価したと自ら語る

  これについてバイデン氏は「彼はそれがどれほど致命的かを知っていた。それを認識しつつ故意に何カ月も嘘をついていた」と非難。トランプ氏が大統領としての職務遂行を故意に怠ったことで、「多くの国民の命と生活」が犠牲になったと語った。

バイデン氏はトランプ大統領が新型コロナの脅威について国民に十分に警告しなかったと批判

出典:ブルームバーグ)

  一方、マクナニー大統領報道官はこの日、トランプ氏が国民を欺いたとの指摘を否定。「それは絶対に違う。克服困難な課題に直面している時には大統領は自信を示すのが重要だ。冷静さを示すことが重要だ」と語った。

  ウッドワード氏は今月発売の著書「Rage(怒り)」の取材として、複数回にわたりトランプ氏にインタビューを行い、米国で広がる警察に対する抗議行動や反人種差別デモについても取り上げた。

  黒人が感じる「怒りと痛み」を白人男性としてより良く理解する責任があるかとの問いに対しては、トランプ氏は「いや、そうはまったく感じない」と答えていた。

原題:Biden Says Trump Tapes on Virus Show He ‘Failed to Do His Job’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE