コンテンツにスキップする

ゴールドマン、オフィス復帰促進へローテーション勤務採用-関係者

ゴールドマン・サックス・グループはローテーション制を導入し、オフィスに復帰する従業員の数を増やす計画だ。社内文書で明らかになった。

  この文書によると、ゴールドマン経営陣は9日、通常の職場への復帰が可能な従業員について、オフィス復帰の計画を各部門トップが今後数日以内に示すと発表した。各オフィスは出社人数を制限し、現地保健当局の指示に従う。

  ゴールドマン経営陣はこの文書の中で、「このローテーション勤務制では全員を同様に扱うことはない」と説明。健康上の理由や家庭内の事情、ラッシュ時の通勤に不安がある従業員にはより柔軟に対応する方針を示した。

関連記事
JPモルガン、投資銀バンカーの出勤割合を2倍に引き上げ (1)
ドイツ銀、ロンドン従業員の20%にオフィス復帰を要請-FN

原題:
Goldman Adopts Rotation Policy for Office Return: WFH Tracker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE