コンテンツにスキップする

バイデン氏が懲罰的税制案-米国に雇用戻せずとトランプ氏を批判

米大統領選の民主党候補バイデン前副大統領は9日、トランプ大統領は米国に雇用を戻すという公約を守らなかったと批判。米国から海外に業務を移す企業に懲罰税を課し、米国内で雇用を創出する企業を優遇する自身の計画を打ち出した。

  バイデン氏はミシガン州ウォーレンにある全米自動車労組(UAW)の施設の外で、トランプ氏は「われわれの記憶力が悪いことを願っている」と非難した。

  バイデン氏は海外に業務を移す企業に10%の税を上乗せし、国内で雇用を生み出す企業には10%の税額控除を行う案を発表した。

Democratic Presidential Nominee Joe Biden Campaigns In Harrisburg, PA

選挙戦のさなか、ペンシルベニア州ミドルタウンで飛行機に搭乗するバイデン氏(9月7日)

写真家:Chip Somodevilla / Getty Images

原題:
Biden Plan Sets Tax Penalties for Companies’ Offshore Profits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE