コンテンツにスキップする

豪当局が中国人記者巡り6月に捜査と報道-両国関係さらに悪化も

更新日時
  • 中国人学者2人のビザも取り消された-豪放送局ABC
  • 豪州での家宅捜索と豪国籍の成蕾氏拘束とは関係ない-中国外務省

オーストラリア国内で中国人ジャーナリストが6月下旬、豪治安情報局「ASIO」から事情を聴かれていたと豪州と中国のメディアが報じた。関係が悪化している両国間の緊張が一段と高まる可能性がある。

  豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドは9日、治安担当の豪高官の話を引用し、ASIOが少なくとも1人の中国人ジャーナリストを6月26日に事情聴取したと報道。聴取は州議会議員に対する捜査の関連だと高官は説明したという。高官の氏名は明示していない。

  また豪放送局ABCによると、中国人学者2人のビザ(査証)が取り消された。理由は挙げられていないが、ABCは2人が豪州の政府と民間企業からの補助金や支援を受け中国でキャリアを積んでいたと伝えた。

  中国新聞社は8日、豪州で中国の報道機関3社に所属する計4人のジャーナリストの自宅を警察が6月26日に家宅捜索したが、不正なものは何も見つからなかったと報じた。

  キャンベラにある中国大使館の報道官は問い合わせに対し、領事部がジャーナリストに支援を行ったことを確認し、「中国国民の正当な権利と利益を守るため関連する豪当局に抗議した」ことを明らかにした。

  豪外務貿易省に報道に関しコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

  中国外務省の趙立堅報道官は北京で9日開いた記者会見で、豪国籍のニュースキャスター、成蕾氏の中国での拘束と中国人ジャーナリストが豪州で家宅捜索を受けたこととは関係がないと述べた。

  豪州で捜査を受けた中国人ジャーナリスト4人は中国に帰国し、中国は豪州側とこれらジャーナリストの扱いについて話し合ったという。

  米政府が新疆ウイグル自治区に関連する制裁措置を発表したことを受け、趙報道官は企業の正当な権利を守るため中国は行動を起こすと語った。

関連記事

原題:Australia Raided Chinese Reporters in June, Media Reports Say、China Says Cheng Lei’s Detention Unrelated to Australia Raids(抜粋)

(最終2段落に新疆ウイグル自治区関連の米制裁などについて追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE