コンテンツにスキップする

KKRが印リライアンス・リテールへの出資で交渉進展-関係者

  • 少なくとも10億ドルの出資を目指していると関係者語る
  • シルバー・レイク・パートナーズは約1080億円投資で9日に合意した

プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社の米KKRはインドの富豪ムケシュ・アンバニ氏の小売り企業への10億ドル(約1060億円)以上の出資を目指しており、交渉は進展した段階にある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  情報が非公開だとしてこれら関係者が匿名で語ったところでは、KKRが交渉しているのはインドの小売り最大手リライアンス・リテール・ベンチャーズ。関係者1人によれば、KKRは最大15億ドル投資する可能性がある。早ければ月内に発表され得るとした。

  9日にはPE投資会社の米シルバー・レイク・パートナーズがリライアンス・リテールへの750億ルピー(約1080億円)投資で合意していた。この取引に基づくリライアンス・リテールの価値は約4兆2000億ルピー。

  KKRとリライアンス・リテールとの交渉は続いており、協議は遅延や決裂の可能性があると関係者は語った。KKRとリライアンスの担当者にコメントを求めたが、これまでに返答はない。

原題:
KKR Said in Advanced Talks for $1 Billion Reliance Retail Stake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE