コンテンツにスキップする

パウエル議長、柔軟性を優先-グリーンスパン路線を自己流にアレンジ

  • 先月のシンポジウムで金融政策策定の新たなアプローチ打ち出す
  • ルールか自由裁量か、経済学の分野では長年にわたり論争

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、グリーンスパン元議長への称賛を隠すことはない。そして、今年2月に4年の任期の後半に入ったパウエル氏率いる連邦準備制度は、「マエストロ(巨匠)」と称されたグリーンスパン氏の時代のものにずっと似たような様相を呈しつつある。

  それは先月、カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムで明らかとなったように、経済に大打撃をもたらした新型コロナウイルス禍に対処するのに当たり、金融政策策定の柔軟性を優先する姿勢だ。いつ金利を上げ下げするかを決める厳格なルールはない。

関連記事
Fed wants to lower unemployment, lift inflation

  米金融当局者は失業率を押し下げ、インフレ率を一時的に2%目標を上回る水準に押し上げようと超緩和的な政策を追求しており、次回の連邦公開市場委員会(FOMC)を15、16両日に控え、グリーンスパン時代の連邦準備制度の特徴であった「自主裁量」の概念が再び脚光を浴びつつある。

Treasury Secretary Mnuchin Testifies Before House On Departments Response To Pandemic

パウエル議長

  パウエル氏は、直近の前任であるイエレン前議長やその前のバーナンキ元議長のような一流大学で経済学博士号を取得した名だたるエコノミストとは異なる。法律を学びプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社で財を成したパウエル氏は、詳細な政策的処方を導き出す複雑な経済モデルに精通していることではなく、率直な話法を強みにしている。

  スタンディッシュ・メロン・アセット・マネジメントのチーフエコノミストであるビンセント・ラインハート氏は、「バーナンキ、イエレン両氏は金融政策を科学的なものにしたいと望んだ」と指摘。それに対し「パウエル氏は、実験用白衣を着たセントラルバンカーのイメージを遠ざけて、一般の米国民や政治家の間で連邦準備制度に対する支持を広げたい考えだ」と説明した。

  もっとも、現在のように極度の不確実性に見舞われている状況にあっては、理論に厳格なエコノミストであっても恐らく、新型コロナ禍には連邦準備制度の機敏な対応が必要である点に異論はないだろう。百年に一度の災厄を分析する上で、過去の関係性に基づいて構築された経済モデルの有用性には限界がある。

  一方で、自由裁量には欠陥もある。一定期間の平均で2%の物価目標を達成するという新たな目標への厳格なコミットメントなしでは、消費者や企業に連邦準備制度が真剣であることを納得してもらうのは難しい。人々の間のインフレ期待が実際の物価動向に非常に大きな影響を及ぼすことを踏まえれば、これは懸念材料だ。

  柔軟な金融当局はまた、金利を過度に長期にわたって低水準に据え置くよう求める政治的圧力にさらされかねない。政府債務残高が急拡大するのに伴い、こうした圧力は高まるものと思われる。

  トランプ大統領はパウエル議長の任期の最初の2年間、金利をあまりにも高い水準に維持しているとして、連邦準備制度を頻繁に非難してきた。こうした攻撃は金融当局の政策にほとんど影響を与えなかったと見受けられるが、将来のFRB議長がパウエル氏ほど確固たる姿勢を保つ保証はない。

The Fed has struggled to hit its 2% inflation target

  経済学の分野では、金融政策運営の最善の方法を巡ってルールに従うべきか、自由裁量で臨むべきか、長年にわたる論争がある。ルールを支持する立場からは、政策がより予測可能であれば企業や消費者が将来の計画を立てやすくなるためルールに基づく方が優れていると主張される。これに対し、金融当局者には経済の変化に対応する余地が必要だというのが、自由裁量支持派の意見だ。

  連邦準備制度は金融政策への新たなアプローチを打ち出したが、パウエル氏はそれが成功するかどうかは結局のところ言葉ではなく行動次第だと話す。同氏は先月のシンポジウムで、「われわれがこれからやることが、われわれが打ち出した変更の有効性を決める。時間とわれわれの行動が、最終的にその成否を明らかにする」と語った。

Federal Reserve System Former Chairman Alan Greenspan Interview

グリーンスパン元FRB議長

原題:Jay Powell Channels Alan Greenspan in Putting His Stamp on Fed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE