コンテンツにスキップする

ビットコイン、株安につれ一時1万ドル割れ-9000ドル目指す可能性も

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

仮想通貨(暗号資産)ビットコインは8日のニューヨーク時間帯の取引で、米国株相場の下げに歩調を合わせる形で一時1万ドルの大台を割り込んだ。最近の下向きモメンタムを反転させることができなければ、さらに下落する可能性がテクニカル指標で示唆されている。

  テクニカル分析によれば、1万ドルを持続的に割り込むようであれば、9000ドルに向けさらに大幅な下げの引き金になると考えられ、株式が大きく売り込まれる状況が続けば、8000ドルを目指す展開もあり得る。

  一方、ビットコインのGTIグローバル強度指標は21と売られ過ぎを示唆する30を大きく下回る水準にある。

  ジェフリーズのグローバル通貨トレーディング責任者ブラッド・ベクテル氏は「市場はやや手じまいモードとなり、夏あるいはポストコロナの回復が始まって以降、人気を集めていたトレードの多くが巻き戻されている。ビットコインもその一つだ」と指摘した。

Bitcoin has fallen to around $10,000 and is in oversold territory

原題:Bitcoin’s Breach of $10,000 Mark May Portend Deeper Losses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE