コンテンツにスキップする

ETF押し目買いの投資家に痛手か、ナスダック下げ幅拡大

  • ETFの「QQQ」と「TQQQ」に先週後半に多額の資金流入
  • ナスダック100指数は3連休明け8日も続落

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米株式市場で先週始まったハイテク株中心の急落の機に乗じ、投資家はナスダック100指数をベンチマークとするファンドに多額の資金を投入したが、その直後の連休明けも一段と下げる展開となった。

  上場投資信託(ETF)の「インベスコQQQ」(ティッカーQQQ)には約17億ドル(約1800億円)が先週の終わり2日間に流入。ハイテク株の比重が大きいナスダック100指数の日次変動率の3倍の値動きを目指すレバレッジ型ETF「プロシェアーズ・ウルトラプロQQQ」(TQQQ)には6億ドル近い資金流入があった。

  こうした資金を投じた一部投資家にとって8日の下落は特に痛手となりそうだ。ナスダック100指数はこの日、前営業日比4.8%下落した。

Both QQQ and TQQQ saw huge inflows late last week

  マニュライフ・インベストメント・マネジメントのグローバル・アセットアロケーション責任者、ネイサン・ソーフト氏は「過去のハイテク株『押し目買い』の結果を踏まえて、今回も同じ展開を期待する投資家が大勢いることは間違いない」と指摘した。

  S&P500種株価指数は先週2.3%下落し、予想変動率の指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー指数(VIX)は6月以来の高水準に上昇した。MPPM・EKのトレーディング責任者、ギレルモ・ヘルナンデス・サンペレ氏は、「投資家は警鐘を無視すべきでない。ボラティリティーの上昇は追加証拠金請求につながり、通常それは良い結果をもたらさない」と述べた。

Nasdaq 100's RSI has dropped after overheating in recent weeks
Bets against QQQ and TQQQ remain below average

原題:Investors Buying Dip Get Run Over as Nasdaq Losses Deepen (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE