コンテンツにスキップする

トランプ米大統領、再選に向け自己資金1億ドルの拠出を検討-関係者

トランプ米大統領は、大統領選挙で民主党候補のバイデン前副大統領に勝利するため必要なら、最大1億ドル(約106億円)の自己資金を再選に向けて投入することを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  同大統領はこの案について多数の人と話し合ったものの、自己資金拠出についてまだ意思表明していないと、内部情報について説明を受けた関係者が述べた。トランプ氏は2016年の大統領選で6600万ドルの自己資金を投じたが、現職の大統領が再選のために個人資産を利用すれば異例という。

  トランプ氏は今年に入り、自己資金を出すべきかどうかで助言を求めた。かなりの資金を投じているにもかかわらず、世論調査で支持率がバイデン氏を上回ることができない現状を検証している。さらに、バイデン氏と民主党の陣営は最近、トランプ氏の陣営以上の資金を集めている。

  トランプ陣営の報道官、ティム・マートー氏は大統領の個人資産を再選に向けて活用する案が検討されているかどうかについてコメントを控えた。

原題:Trump Weighs Putting Up to $100 Million of His Cash Into Race(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE