コンテンツにスキップする

中国、世界のデータ基準策定を提案-ティックトック巡る米措置に対抗

  • デジタル分野で世界基準を設定するとの中国の取り組みの一環
  • 「データ主権」の概念を補強-国家安全保障巡る懸念で勢い増す

中国の王毅外相は8日、世界のデータセキュリティーに関して外国政府による国内保存データの取得を防ぐことを目的とした提案を発表した。動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」や「ウィーチャット(微信)」が慎重に扱うべき利用者情報を中国当局と共有しているとのトランプ米政権の批判に対抗する。

  王外相が示した今回の提案はデジタル分野で世界基準を設定するという中国の取り組みの一環だ。中国外務省のウェブサイトに掲載された声明によると、これには各企業の海外事業が取得したデータに政府がアクセスすることを禁じることも含まれている。

  この提案は中国がこれまで抱いてきた情報の越境フローを制限する「データ主権」の概念を補強する内容。国家安全保障を巡る懸念が広がる中で、勢いを増している考え方でもある。トランプ政権は米国人に関するデータを中国政府と共有しているとして、北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下のティックトックやテンセント・ホールディングス(騰訊)のウィーチャットを禁じたり、華為技術(ファーウェイ)に制裁を科したりしてきた。

  中国は既に外国企業に対してデータを国内に保存するよう義務付けており、米アップルやアマゾン・ドット・コムなどは大規模なデータセンター事業を現地パートナーと共に構築している。

  提案では、中国政府は自国企業に対し他国の法律に違反する形で国外事業のデータ共有を義務付けることはない。

原題:
China Proposes Global Data Rules to Counter U.S. Moves on TikTok(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE