コンテンツにスキップする

菅官房長官、アベノミクス緩和を継承-「コロナでも市場は安定」

更新日時
  • 縦割り打破・規制改革を全力で進めたい-携帯料金をさらに改革
  • 衆院解散、コロナ感染状況が大きく影響-人事は改革意欲ある人優先

自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官は8日午後、自らが首相に就任した場合は金融緩和、財政出動、成長戦略を柱とするアベノミクスを「今後も継承し、さらなる改革を進める」との考えを示した。総裁選の所見発表演説会や記者会見で語った。

  菅氏は2012年12月の第2次安倍政権発足前は円高、株安で「企業が経済活動を行うのは極めて厳しい状況」にあったが、現在は「新型コロナウイルスの中にあってもマーケットは安定した動きを見せている」と指摘した。

Japan’s Ruling Party Starts Leader’s Race

総裁選の出陣式で挨拶する菅氏(8日・都内)

  自身が首相に就任した場合には、行政の縦割りを打破し、「規制改革を全力で進める内閣を作る」と強い意欲を示した。具体的には「デジタル庁」の新設や、サプライチェーンの改革などを挙げた。携帯電話料金については、事業者間の競争が働くよう「さらに改革を徹底する」と述べた。

  少子化への対応としては、待機児童問題の解消に加え、不妊治療への保険適用を実現することを公約に掲げた。

  閣僚や自民党役員の人事については適材適所でやるとした上で、改革意欲のある人、専門的立場の人を優先して配置する考えを示した。衆院解散を判断するにあたっては「コロナの状況がどうかということが大きく影響する」と述べた。 

日程
8日届け出、所見発表演説会、共同記者会見
9日青年局・女性局主催公開討論会
12日日本記者クラブ主催公開討論会
14日両院議員総会、新総裁選出
16日臨時国会召集、新首相選出

  総裁選を争う、石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長が共に父親の地盤を引き継いだのに対し、菅氏は秋田県から上京し、地縁血縁のない中で政治家を志した思いも語った。「今日の自分の姿は全く想像することもできなかった」として、「私のような普通の人間でも努力すれば首相を目指すことができる、まさにこれが日本の民主主義ではないだろうか」と訴えた。

  安倍晋三首相の後継を決める今回の総裁選は党大会に代わる両院議員総会で行われ、現職国会議員の394票(衆参両院議長除く)と各都道府県連にそれぞれ3票を割り当てた141票の合計535票を巡る争いとなる。投開票は14日。新総裁は16日召集予定の臨時国会で首相に指名される。任期は来年9月まで。

  党内7派閥のうち、菅氏を支持する細田派など5派の所属議員数は計264人。党所属議員394人の7割近くになり、総裁選は優位に立つ菅氏を岸田政調会長、石破元幹事長が追う構図となっている。岸田派は47人、石破派は19人。

(菅官房長官の発言を追加し、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE