コンテンツにスキップする

コロナ対応の英政府の雇用支援策、延長に反対-英中銀ホールデン氏

  • 「必要な調整プロセス」を阻む恐れがあるとホールデン氏
  • 調整プロセスを円滑、痛みのないようにすることがわれわれの仕事

イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、アンディ・ホールデン氏は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた英政府の雇用支援策について、延長に反対する立場を示した。

  ホールデン氏は7日遅くに公表されたシティーA.M.のポッドキャストで、コロナ禍で影響を受ける雇用について国が支援を継続することは「必要な調整プロセス」を阻む恐れがあると指摘した。

英国、総額300億ポンドの景気支援策を発表-雇用維持の企業に報奨金

  「雇用を全てつなぎ留めておくことはある意味、実際に個人や企業の助けにならない形で、不可避なことを引き延ばしている」とした上で、「われわれ政策当局者の仕事は調整プロセスをできるだけ円滑かつ痛みのないようにすることだ」と述べた。

  英経済については「現時点で広がっている見方は、データで正当化されると私が考えるより若干暗いものだ」とした上で、「経済および政策の行く末の両方について私は偏見を抱いていないし、そうでありたいと思っている」と語った。

原題:
BOE Chief Economist Warns Against Extending Furlough Program (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE