コンテンツにスキップする

アルゼンチンが9回目のデフォルトから脱却-650億ドル対外債務再編

  • S&Pが外貨建ておよび自国通貨建て長期信用格付けを引き上げ
  • 「選択的デフォルト」から「CCC+」に格上げ、見通し「安定的」

アルゼンチン政府による650億ドル(約6兆9100億円)の対外債務の再編を受け、S&Pグローバル・レーティングは7日、同国の信用格付けを引き上げた。これにより、同国は史上9回目のデフォルト(債務不履行)から正式に脱却した。

  S&Pはアルゼンチンの外貨建ておよび自国通貨建て長期信用格付けを「SD(選択的デフォルト)」から「CCC+」に引き上げた。格付け見通しは「安定的」。

  アルゼンチン政府と主要債権者は、4カ月を超える交渉の末、債券保有者が額面1ドル当たり約55セント相当を受け取ることで決着。対外債務の99%相当が新発債と交換され、今後10年で約380億ドルの債務負担軽減となる。

Argentina's restructured bonds rallied from May lows ahead of the debt exchange

原題:Argentina Exits Ninth Default After $65 Billion Debt Deal (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE