コンテンツにスキップする

【欧州市況】反発、米株価指数先物に連れて上昇-イタリア債下落

7日の欧州株は反発。S&P500種株価指数先物の上げに連れ、幅広く上昇した。先週の欧州株は週間ベースで7月以来の大幅安となっていた。この日、米国はレーバーデーの祝日で休場。

  ストックス欧州600指数は1.7%上昇と、8月11日以来の大幅な値上がりだった。英FTSE100指数は2.4%高と、6月16日以来の高い上昇率。英国が欧州連合(EU)との合意がないまま離脱後の移行期間を終了するシナリオに近づきつつあるとの懸念から、ポンドが大きく下落したことも株の支援材料となった。ポンドと同株価指数は総じて強い逆相関の関係にある。

  欧州では新型コロナウイルスの新規感染者数が再び増加している。フランスは「不安な」ペースで増加していると警戒し、デンマークは多くの制限措置を再導入した。

  だがJPモルガン・チェースの株式トレーディング責任者ジェーソン・シペル氏は、過去数カ月間で市場は新型コロナのデータへの反応が「よりうまくなった」と述べ、新規感染者の増加はもはや急激な売りを招く要因ではないと指摘した。

Stoxx 600 has stalled below its 200-DMA

  欧州債市場ではイタリア債が長期債中心に下落。ドイツ債は小幅安となった。英国債は上昇。ジョンソン英首相の発言によって、EUとの交渉がまとまらない可能性があるとの見方が強まった。

  イタリア債の利回り曲線はベアスティープ化。ドイツ債とのイールドスプレッドは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大して151bpと、8月4日以来の大きさとなった。ドイツ債もベアスティープ化。株価が上昇し、安全逃避買いが巻き戻された。

  英国債は中期債を中心に上昇した。

  ドイツ10年債利回りは1bp上昇してマイナス0.46%、フランス10年債利回りは1bp上昇してマイナス0.16%、イタリア10年債利回りは3bp上昇して1.05%。

原題:Europe Stocks Rally as S&P 500 Futures Inch Higher After Selloff(抜粋)

Italy Bonds Bear-Steepen, Gilts Rise: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE