コンテンツにスキップする

ゴールドマンのオッペンハイマー氏、テクノロジー株になお期待

  • テクノロジー企業の現金やバランスシートが強い武器に
  • 経済と株式市場の変革はまだ続くとみている-オッペンハイマー氏

テクノロジー株は短期的に調整が入るリスクが根強くても依然として最高の投資対象であり、現在の強気相場でリターンをけん引し続ける。ゴールドマン・サックス・グループのグローバル株式チーフストラテジスト、ピーター・オッペンハイマー氏が予想した。

  多くの市場関係者は先週、ナスダック100指数の急落で手痛い目に遭ったが、オッペンハイマー氏は顧客にテクノロジー株を信じ続けるよう助言している。

  ゴールドマンは全ての地域においてテクノロジー株を「オーバーウエート」で維持している。テクノロジーセクターが持つ高い現金創出力と利益、安定したバランスシートが背景にあると、オッペンハイマー氏は指摘した。

  オッペンハイマー氏は、新型コロナウイルス感染拡大がもたらしたロックダウン(都市封鎖)や、インターネットやテクノロジーの利用拡大で広がった「デジタル革命」は加速すると見込んでいる。先進国ではオフィス勤務の再開や制限措置の緩和も見られるが、ゴールドマンはデジタル化の加速によってテクノロジー株には一段の恩恵があると予想する。

  オッペンハイマー氏は7日のリポートで、「この経済と株式市場の変革はまだ続くとみている」と述べ、「今の強気相場において、こうした企業は引き続きバリュエーションやリターンを押し上げる可能性がある」と続けた。

Tech investors are wondering what's next for best-performing stocks

原題:Goldman’s Oppenheimer Says Tech Can Continue Driving Bull Market

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE