, コンテンツにスキップする

目がくらんで短期売買と前澤氏、コロナ禍の株式投資で44億円損失

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ZOZO創業者で資産家の前澤友作氏が、パンデミックの影響で株価が乱高下する中、株取引で44億円の損失を出したことをツイッターで告白し衝撃を与えている。

  前澤氏はツイッター上で、現金プレゼント企画を行うなど世間から注目を集めることで有名。同氏は「猛省」と題した6日の投稿で、「このコロナ禍で乱高下する株式市場に目が眩み」、短期売買を繰り返した結果「44億円の損失を出してしまった」と報告。「悔やんでも悔やみきれません。事業で絶対に取り返します」と決意を示した。

  今年初めには、ツイッター上で「月に旅行する『最初の女性』になりませんか?」と、宇宙に一緒に行ける人生のパートナーを募集する企画を紹介した。ただ、数週間後には「最後まで自分の気持ちを整理することができなかった」として企画を中止。2018年には、イーロン・マスク氏率いる米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズの月旅行参加に一番乗りで契約した。

  7月からはコロナウイルスの流行が落ち着くまで、毎日10人に10万円が当たる企画を実施中だ。前澤氏は株式損失の報告に続き「株で損したって明日も抽選は続きます」と投稿し、趣味のお金配りを続けている。

News Conference As Yahoo Japan Agrees to Buy Majority Stake in Fashion Site Zozo

Yusaku Maezawa on Sept. 12, 2019.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE