コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/
cojp

中国SMIC株、香港市場で急落-台北ではUMCとバンガードが高い

A 12-inch wafer is displayed at the headquarters of Semiconductor Manufacturing International Corp. (SMIC) in Shanghai, China, on Friday, Feb. 18, 2011. Semiconductor Manufacturing International Corp., China's biggest chipmaker, said it aims to post a sales increase of as much as 20 percent this year as the company attracts orders for more advanced products.
Photographer: Qilai Shen/

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

中国の半導体受託生産会社、中芯国際集成電路製造(SMIC)の株価が7日の香港市場で急落。中国テクノロジー企業への締めつけを強化するトランプ米政権がSMICをブラックリストに加えるとの報道が嫌気された。

中国SMIC、軍との関係否定-米ブラックリストに追加検討の報道で

  SMIC株は一時約21%下げた。一方、SMICのライバルである台湾の聯華電子(UMC)や世界先進積体電路(バンガード・インターナショナル・セミコンダクター)の株価は台北市場で大きく値上がりしている。

原題:SMIC Dives 15% on Report U.S. Mulling Blacklisting Chipmaker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE