コンテンツにスキップする

ディズニー映画「ムーラン」、民主活動家がボイコット呼び掛け

  • 主演した劉亦菲氏は2019年の投稿で香港警察を支持したと報じられた
  • 「ディズニーは北京に叩頭している」と香港の活動家、黄之鋒氏

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

香港やタイなどの民主活動家が米ウォルト・ディズニーの映画「ムーラン」のボイコットを呼び掛けている。主演女優がソーシャルメディアに香港警察を支持する投稿をしていた。

  活動家は「ディズニー+(プラス)」で4日に配信が始まった実写版ムーランを見ないよう人々に促している。主演した劉亦菲(リウ・イーフェイ)氏が2019年の投稿で香港警察への支持を表明したことを理由に挙げた。

Premiere Of Disney's "Mulan" - Arrivals

劉亦菲(リウ・イーフェイ)氏

写真家:Frazer Harrison / Getty Images

  香港の活動家、黄之鋒(ジョシュア・ウォン)は同日、「ウォルト・ディズニーは北京に叩頭(こうとう)している」とツイート。劉氏は「公然と誇らしげに香港での警察の残虐行為を支持している」とし、人権を信じる全ての人に「#BoycottMulan」に加わるよう呼び掛けた。叩頭はかつての中国皇帝の前にひれ伏す行為。

  ディズニーの広報担当者は今のところコメント要請に応じていない。香港での抗議活動が広がっていた19年8月、劉氏は「香港警察を支持する。誰もが私を攻撃すればいい。香港を恥ずかしく思う」とのキャプションを付した投稿を行ったと報じられている。

  中国生まれで米国の市民権を持つ劉氏はハリウッド・リポーターとの今年2月のインタビューで、「明らかにとても複雑な状況で、私は専門家ではない」と述べ、主張をトーンダウンさせた。

South Koreans Gather To Support Pro-Democracy Protests In Hong Kong

香港抗議活動を支持する人々(ソウル、7月1日)

フォトグラファー:Chung Sung-Jun / Getty Images

  実写版ムーランは新型コロナウイルスの感染拡大で劇場公開が遅れていたが、ディズニーは自社のストリーミングプラットフォームで30ドル(約3190円)で配信することを選択した。

原題:Activists Call for ‘Mulan’ Boycott Over Star’s Hong Kong Stance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE