コンテンツにスキップする

米民主党バイデン氏、政権移行チームを拡充-陣営幹部ら起用

  • 副大統領候補に検討した人物や予備選のライバルも登用
  • 政権移行を見据え基礎固め、15人から成る諮問委員会設置も発表

米大統領選の民主党候補ジョー・バイデン前副大統領はトランプ大統領との本選を2カ月後に控え、政権移行チームを拡充しており、陣営幹部や副大統領候補に検討した人物のほか予備選でのライバルも起用した。

  バイデン氏は政権移行チームを監督するテッド・カウフマン元上院議員を助けるために4人の共同議長として、陣営のシニアアドバイザー、アニタ・ダン氏と陣営の全米共同議長を務めるセドリック・リッチモンド下院議員、副大統領候補として検討したミシェル・ルジャン・グリシャム氏、オバマ政権で国家経済会議(NEC)委員長を務めたジェフリー・ジエンツ氏を加える。

  カウフマン氏は声明で、「世界的な衛生危機と苦しい経済状況の中での政権移行を準備している。他に類を見ない政権移行だ。編成されつつあるチームはバイデン氏が就任初日から米国が直面している緊急課題に対処するのを支援する」と説明した。

  移行チームはバイデン政権の基礎固めの責任を負うもので、閣僚人材の特定や主要政策目標の実行プラン策定などを行う。

  バイデン氏はまた、15人から成る諮問委員会の創設も発表した。予備選で争ったピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長やオバマ政権で国家安全保障担当の大統領補佐官を務めたスーザン・ライス氏、バイデン氏の長年の経済アドバイザー、ジャレッド・バーンスタイン氏、ビベック・マーシー元医務総監らも名を連ねる。

原題:
Joe Biden Builds Up Presidential Transition Team With Top Aides(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE