コンテンツにスキップする

仏サノフィ、有効成分部門のIPOを数カ月以内に計画-ボジヨー氏

  • 経営戦略てこ入れ目指す中でサノフィは2月にIPOの可能性に言及
  • 「欧州レベルで有効成分の第一人者をつくるという発想だ」と説明

フランスの製薬会社サノフィは医薬品成分部門の株式を今後数カ月以内に売却する計画だ。サノフィ・フランスのオリビエ・ボジヨー会長が明らかにした。

  ポール・ハドソン最高経営責任者(CEO)ががん領域などへの注力を含む経営戦略てこ入れを目指す中で、同社は2月、同部門の新規株式公開(IPO)の可能性を明らかにしていた。

原薬のアジア依存見直す動き-サノフィ、有効成分製造する企業設立へ

  ボジヨー会長は5日、ラジオ局フランス・アンテルの番組で「われわれは市場でそれを始めようとしている。数カ月以内にIPOを実施する」と語った。

  サノフィはこうした動きが医薬品製造に不可欠な原料供給の確保に加え、新型コロナウイルスの感染拡大初期に露呈したアジアへの高い業界依存度を低下させることに寄与すると説明していた。

  ボジヨー会長は「欧州レベルで有効成分の第一人者をつくるという発想だ」と述べた。

  同部門はサノフィの商業・開発活動をフランクフルトやイタリアのブリンディジの施設を含む欧州6カ所の生産拠点に集約する。

原題:
Sanofi Plans Ingredients Unit IPO Within Months, Bogillot Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE