コンテンツにスキップする

スエズCEO、ヴェオリアの買収提案拒否-会社の価値を過小評価

  • 提案は合理性欠き、競争当局に阻止されるリスクも-カミュCEO
  • エンジー保有株の買い手見つけることに自信-仏紙フィガロに語る

フランスの公益事業会社スエズのベルトラン・カミュ最高経営責任者(CEO)は、同業ヴェオリア・エンバイロメントから受けた買収提案について、会社の価値を過小評価しており、競争当局に阻止されるリスクがあると指摘した。

  ヴェオリアは先月末、スエズの株式29.9%を仏エネルギー会社エンジーから取得することを提案。売上高400億ユーロ(約5兆300億円)超の水道・廃棄物処理サービス企業の創設に向けた完全な買収への最初の一歩となる。ヴェオリアは29億ユーロで株式を取得する提案について、中国勢の攻勢をかわす戦略の一環だとしている。

仏ヴェオリア、スエズ株29.9%の取得提案-全株取得も視野

  エンジーのジャンピエール・クラマデュー会長がヴェオリアの提示した条件は低過ぎると指摘し、双方に協議を促した後、カミュCEOは提案が合理性を欠き、スエズとしては代替案を探っていると示唆。エンジーの保有株の買い手を見つけることに自信を示した。

  カミュ氏は仏紙フィガロに6日掲載されたインタビューで、「ヴェオリアが提案した取引は常軌を逸しており、フランスにとって破壊的だ」と主張。「エンジーの保有株の取得について、われわれ独自のシナリオに取り組んでいる」と語った。

The virus is hammering Suez's profitability

原題:
Suez CEO Rebuffs Veolia Offer, Says Waste Project Is Absurd(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE