コンテンツにスキップする

香港警察、扇動的発言で男を逮捕と発表-国安法に基づくものではない

People look at riot police stop and search people outside a shopping mall at Mong Kok in Hong Kong, China, on Monday, Aug. 31, 2020. 

People look at riot police stop and search people outside a shopping mall at Mong Kok in Hong Kong, China, on Monday, Aug. 31, 2020. 

Photographer: Lam Yik/Bloomberg
People look at riot police stop and search people outside a shopping mall at Mong Kok in Hong Kong, China, on Monday, Aug. 31, 2020. 
Photographer: Lam Yik/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

香港警察は6日、扇動的発言を繰り返したとして、47歳の男1人を逮捕したと記者会見で発表した。

  警察当局は逮捕者の氏名を明らかにせず、6月末から8月に主に九竜エリアで扇動的発言を繰り返し行ったと説明。香港国家安全維持法(国安法)の下での逮捕ではないと国家安全処の李桂華氏が会見で語った。

  これに先立ち地元メディアは、民主活動家の譚得志氏が警察に逮捕されたと報じていた。

原題:Hong Kong Police Announce Arrest of Man for ‘Seditious’ Intent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE