コンテンツにスキップする

最大級の警戒必要、河川の氾濫の恐れも-台風10号で気象庁

更新日時
  • 九州新幹線は午後から運休、空路も欠航相次ぐ
  • トヨタの福岡3工場は7日の操業停止、ソニーはライン一時停止

気象庁は、大型で非常に強い台風10号が6日夜のはじめごろから夜遅くにかけて鹿児島県(奄美地方を除く)に接近または上陸するおそれがあると発表した。九州への接近に伴って記録的な高潮となり、海岸付近や河口付近で大規模な浸水の恐れがあるとして警戒を強めている。

  気象庁は午前9時半から記者会見を開き、「予想した最大風速や最大瞬間風速などに大きな変化はない。特別警報が出るか出ないかにかかわらず最大級の警戒を続けてほしい」と言明した。「台風が接近する地域では記録的な暴風・高波、高潮、大雨となるおそれがある」という。NHKによると、7日にかけての最大風速は、奄美地方で50メートル、九州南部で45メートルに達する。また、7日昼までの雨量は九州南部で600ミリが予想されている。

  九州電力送配電によると、台風10号に伴い6日午後4時現在、鹿児島県内で約3万8300戸が停電している。消防庁によると午後1時半現在、鹿児島県を中心に約21万9000世帯に避難指示が出ている。

relates to 最大級の警戒必要、河川の氾濫の恐れも-台風10号で気象庁

九州・沖縄、西日本は台風10号の警戒モードに

  JR九州は6日昼ごろから九州新幹線の熊本-鹿児島中央駅間、午後3時ごろから博多-熊本間を終日運休。7日は新幹線と在来線全ての列車を運休する。JR西日本は山陽新幹線の広島-博多駅間で7日の始発から終日運休。新大阪-広島間は列車本数を減らす。

  日本航空は6日の山口宇部・九州地方・奄美群島・沖縄那覇空港の発着を中心に欠航を決定。7日には対象を中国、四国地方に広げる。全日空も6日の宮崎・鹿児島・沖縄発着を終日欠航。午後から中国、四国地方発着も多くの便の欠航を決定した。宅配便のヤマトホールディングスは社員の安全確保と荷物の品質確保のため、7日まで九州や四国、中国地方の一部で集荷・配達業務を停止する。

  台風接近が予想される地域に拠点を持つ企業では、トヨタ自動車が福岡3工場の7日の昼と夜の勤稼働停止を決定。ダイハツの広報担当の井上和樹氏によると、大分県中津市のダイハツ九州と福岡県の久留米市のエンジン工場では7日の昼勤務を稼働停止にする。キヤノンの広報担当者によると大分、長崎、宮崎県内にある子会社の7工場は7日を休業とし、21日以降に振り替える。ドラッグストアチェーンのマツモトキヨシホールディングスは九州・沖縄や山口県の店舗について、順次臨時休業すると発表した。

  九州4カ所にCMOSイメージセンサーなど半導体の製造拠点を持つソニーの広報によると、鹿児島、熊本、長崎は暴風圏内を抜けるまで6日午後から7日にかけてラインを一時停止し、社員は在宅勤務にする。大分はラインを停止するか検討中という。

(ダイハツの新しい情報を追記しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE