コンテンツにスキップする

オブライエン大統領補佐官、中国が米選挙にとって最大の脅威

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は4日、ホワイトハウスでの記者会見で、11月の米大統領選挙にとって外国勢ではロシアではなく、中国が最大の脅威だと語った。

  同補佐官は、ロシアが米大統領選での郵便投票について偽情報を拡散したとの報道に関する質問に対し、選挙に影響を与えるため、中国が「最も大規模なプログラムを有している」と回答。

  「われわれは中国とロシア、イランに対して選挙への介入は責任を負うことになると非常に明確にしている」と述べた。

  同補佐官は、トランプ政権が「こうした国々が米国の選挙に介入しようとすることを容認しないだけだ」とも発言した。

原題:
Trump Aide O’Brien Says China Is Biggest Threat to U.S. Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE