コンテンツにスキップする

【欧州市況】続落、週間ベースで7月以来の大幅安-イタリア債下落

4日の欧州株は続落。週間ベースでは7月以来の大幅な下げとなった。株価の割高感が懸念される中で、年初から大幅に上昇してきた銘柄の幾つかが売られた。

  ストックス欧州600指数は1.1%安。週間ベースでは1.9%安となった。前日の米株式市場の流れを受け、テクノロジーや不動産が安い。この日の米市場はアマゾン・ドット・コムやアップル、マイクロソフト、フェイスブックなどの大手IT企業が軒並み下落、テクノロジー銘柄の構成比率が高い米ナスダック100指数は一時3週間半ぶりの安値に下げた。

  

Limited presence of tech stocks may protect Europe from bigger losses

  欧州債はイタリア債を中心に周辺国債が下落。パフォーマンスは他のユーロ圏国債を下回った。ポルトガルは今月9日に10年債、25年債の入札を実施すると発表した。

  ドイツ債は米雇用統計発表後の下げ幅を縮小した。米テクノロジー株を中心に株価が下落したことが影響した。

  イタリア債の利回り曲線はベアスティープ化した。英国債も10年債を中心に下げ幅を縮小。株が上げを失ったことが手掛かりとなった。

  ドイツ10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇してマイナス0.48%。フランス10年債利回りは2bp上昇してマイナス0.18%。イタリア債は4bp上げて1.02%。

原題:Italian Bonds Lead Euro-Area Decline: End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

European Stocks Slide to Post Biggest Weekly Drop Since July(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE