コンテンツにスキップする

ドイツ銀、ワイヤーカード銀行部門買収の検討取りやめ-関係者

ドイツ銀行は、破産申請した独オンライン決済会社ワイヤーカードの銀行部門と関連資産の買収検討を取りやめた。ワイヤーカードの破産管財人が求めてきた買収価格に応じなかったという。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

  関係者がこれまでに述べたところによれば、破産管財人は清算ではなく売却を進める場合は1億ユーロ(約125億円)以上を求めていた。ブルームバーグは先週、ワイヤーカードが保有する複数のドイツの資産に対してドイツ銀が買収案を提示したものの、安過ぎると受け止められたと伝えていた。

  ドイツ銀の広報担当者は売却手続きに関するコメントを避け、ワイヤーカード銀行部門の取得は決済ビジネスを拡大する上で、数ある選択肢の一つにすぎなかったと述べた。

原題:Deutsche Bank Said to Pull Out of Wirecard Bank Sale Over Price(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE