コンテンツにスキップする

ロビンフッド等のシステム障害、アップルとテスラの株式分割が一因か

米株式市場で8月31日の取引開始後に起きた米ロビンフッド・マーケッツと米チャールズ・シュワブでのシステム不具合は、アップルテスラの株式分割を受けた売買の増加が一因だったと、事情を知る複数の関係者が明らかにした。

  この日はバンガード・グループTDアメリトレード・ホールディングフィデリティ・インベストメンツに口座を持つ個人投資家もサービス中断に見舞われた。

テスラ13%、アップル一時5%高-株式分割後初の取引で買い殺到 (1)

  システム障害の大半は同日正午までに解決されたが、サービス中断の影響はウォール街に広がった。相場変動が特に大きい今年、プロの投資家は個人投資家の熱気への依存を高めている。

  ロビンフッドはシステム全体での機能停止には至らなかったが、技術的な問題により顧客の注文状況の更新に遅延が生じたと、同社の広報担当は述べた。事情に詳しい関係者の1人によれば、アップルとテスラの株式分割をきっかけとした取引高の急増が事態を悪化させたという。

  シュワブは株価情報の表示に使用するストレージシステムに変更を加えたと、同社広報担当のマユラ・フーパー氏は説明。これが株式分割を引き金とした31日の取引高急増と重なって不具合を引き起こしたと、別の関係者は指摘した。フーパー氏はサイトの総体的な処理能力には問題がなかったとし、31日に経験したよりもずっと多い取引高を、これまでにこなしてきていると述べた。

  フィデリティはこれまでのところコメント要請に応じていない。バンガードの広報担当者は、株式分割で不具合が発生したと考える理由はないと述べたが、詳細を示すことは控えた。TDアメリトレードの広報担当者は、31日にウェブサイトとアプリで起きた問題はアップルとテスラの株式分割とは「一切関係ない」と話した。

原題:
Robinhood, Schwab Outages Triggered by Apple, Tesla Splits (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE