コンテンツにスキップする

中国の銀行4行、9月に計3兆円相当の債券発行を計画-関係者

更新日時
  • 経営難の企業への低利融資や利益減少で損なわれた資本の増強目指す
  • 工商銀などは永久債やティア2債発行-月間で過去2番目の大きさ

中国の銀行は経営難の企業への低利融資の急増や利益減少で損なわれた資本を増強するため、9月に過去最大に近い規模の債券を発行する計画だ。

  内部情報だとして匿名を条件に話した計画に取り組む関係者によると、世界最大の銀行である中国工商銀行など4行は計1950億元(約3兆円)相当の永久債、またはティア2資本として計上可能な債券を発行する方針だ。ブルームバーグの集計データによれば、これだけの発行でも中国国内の月間ベースで過去2番目の大きさとなる。

中国政府の圧力で銀行の稼ぐ力低下-返済猶予で不良債権の実態見えず

Bond Sales Set to Boom

Issuance headed for second highest on record in September

Source: Bloomberg

Note: September sales are Bloomberg estimate based on people familiar with the matter

  中国の銀行は新型コロナウイルス感染症の流行による影響を受けた消費者や企業の資金繰りを支えるよう求められており、圧迫が強まっている。中国当局は低利融資や返済の先延ばしなどで1兆5000億元規模の利益を諦めるよう銀行に求めており、不良債権の記録的な増加に見舞われる各行の資本バッファーも薄くなりつつある。

  S&Pグローバル・レーティングは先月のリポートで、中国4大銀行は国内の最低所要資本水準をなお余裕を持って満たしているものの、2025年初めに始まる世界の資本規制を満たすには2200億ドル(約23兆3600億円)が不足すると分析。経済面の圧力で利益が圧迫されれば、今後数年で不足額は9000億ドル超に膨らむ可能性があるという。

Banks' capital strength deteriorated as they ramped up loans

  関係者によると、今月だけで工商銀は600億元、広発銀行は450億元相当のティア2債の発行を目指す。交通銀行は永久債の発行で300億元を調達する計画で、中国郵政貯蓄銀行は600億元相当の発行を探っているという。

  工商銀はコメントを控えた。交通銀と広発銀にコメントを求めたが、すぐには返答が得られなかった。郵政貯蓄銀はテキストメッセージで適切な発行方法を選択すると回答した。

原題:China Banks Plan $29 Billion in Bond Sales to Replenish Capital(抜粋)

(第3段落以降を追加し更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE