コンテンツにスキップする

メルカリ米事業CEO、コロナ巣ごもりで事業改善-勢い継続に自信も

フリーマーケットアプリを手掛けるメルカリの米国事業最高経営責任者(CEO)、ジョン・ラーゲリン氏は4日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う巣ごもりの長期化が事業拡大の「かなりのブレークスルーになった」と述べた。

  • ブルームバーグなどとのインタビューで発言
  • 4-6月期はマーケティングを先行投資し、認知度が上がった
  • このモメンタムはそう簡単にはなくならない
  • 米事業の営業黒字化の時期については言及しなかった
  • 3月時点と比較した6月の出品数は53%増、出品者数は35%増
  • 4-6月期は目標としていた月間総流通額(GMV)1億ドル(106億円)を達成
  • 月間アクティブユーザー数は420万人超
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE